FC2ブログ

「にこ♡カフェ」にお邪魔してきたよ!

夏の気配がしてきたねえ☀
にこまるは元気に、「にこ♡カフェ」にお邪魔してきたよ!
なんだか名前がにこまると似てて嬉しくなっちゃうなあ( *´艸`)

「にこ♡カフェ」さんは、昨年6月から始まった子ども食堂
大沼にある「特別養護老人ホーム すみれ園」の職員・野迫さんの熱意が
地域の民生委員の志方さんや杉原さんに繋がって、活動をスタートしたんだって。
会場もなんと、すみれ園さんがデイサービスのキッチンとお部屋を使わせてくれているんだよ!

いつもならみんなで集まって美味しいごはんを食べられる「にこ♡カフェ」も、
今年に入ってからは新型コロナウイルスのためにお休みをしていたんだ。
でも、「自粛期間で食事の用意に疲れたママを助けたい!」と思ったメンバーが話し合って、
今回、持ち帰り形式での開催を決めたんだって!

密を避けるために、いつもより少人数のボランティアで用意したのは、愛情たっぷりのハヤシライス
玉ねぎなどのお野菜は、近所の方がご自宅の畑で採れたものを寄付してくれたよ。

ryouri.jpg

「少しでも、保護者が子どもとゆっくりして、にこにこできる時間を作りたい」
そんなみなさんのあったかい気持ちも、このお弁当できっと伝わるね。

Facetune.jpg

親子だけじゃなく、地域の方にも来ていただくために、
自治会の回覧板で呼びかけをしていたんだって
チラシを見て来てくれた方達も、「とても楽しみにしていたの」とにっこり

sumireen.jpg

来月も予約したい人には、その場でお取り置きチケットをわたすよ。
保管用に用意された封筒もとってもかわいくて、お弁当を受け取りにきた女の子が
嬉しそうに握りしめていたよ☆

IMG_1379.jpg

次回は7月16日(木)に開催されるよ!
メニューは冷やし中華を予定しているんだって~!
来月の開催も楽しみだね♡

IMG_1377.jpg

Tag:地域  Trackback:0 comment:0 

星が丘地区社協 手作りマスク!プロジェクトに参加してきたよ!

星が丘地区社協では、新型コロナの感染拡大を防ぐために、少しでもできることを!とプロジェクトを立ち上げたんだって。

手作りマスクプロジェクトは、地域のみなさんの力をお借りしてご自宅でもできる活動として、手作りマスクを縫ってもらえるボランティアさんを募集しているよ!できあがったマスクは、福祉施設や高齢者の方々等へ民生委員・児童委員さんや高齢者支援センター、星が丘地区担当生活支援コーディネーターがお届けしているよ。

DSC041155.jpg

鈴木穂波さんは、地区社協広報紙(地域づくり部会だより)を見て、外出がなかなか出来ず、時間もあることから、地区社協から材料をもらって、自宅で30枚以上のマスクを提供してくれているんだって。他にもボランティアさんが作ってくれて、地域の輪が広がっているよ。

DSC041115.jpg

今日は、星が丘地区にある障害者施設「陽だまり」に完成した手作りマスク50枚を提供したよ。

DSC041095.jpg

作業所に来ているみんなも、とても喜んでくれて、にこまるもうれしくなったよ~。

DSC041125.jpg

手作りマスクプロジェクトは、期限を決めず、みなさんから提供してくれるマスクが完成しだい、徐々にお困りの方に提供して行くんだって。
今度、にこまるも欲しいなぁ。

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

ボランティアさんからのうれしいお手紙!!

やっほー!にこまるだよ。
今日は中央ボランティアセンターに届いたうれしいお手紙を紹介するね!

手紙を送ってくださったのは、中央区にある子ども食堂でボランティアをしているHさん。
新型コロナウイルスの影響で子ども食堂がお休みになってしまい、現在は活動休止中・・・。

そこで、会えない子どもたちに手紙を出そう!と思い立ち、お手紙を書いてくれたんだ!

s-子どもへの手紙

このお手紙は、子ども食堂の代表者を通じて、子どもたちに届けられたそうだよ。
こんな素敵なお手紙をもらったら、嬉しいだろうな~。

Hさんは、「子どもたちの顔を思い浮かべながら書きました」とおっしゃっていて、
ご自身も、このお手紙を書きながら、楽しいひと時をすごせたとのこと。
みんなが笑顔になれるお手紙を書いてくれたHさん、とっても素敵だね!

みんなも、今までとは違う生活になっていたり、我慢することも多いかも知れないけれど、
少しでも「楽しい、嬉しい、明るい気持ち」になれることを見つけて、やってみてね!

Tag:ボランティア  Trackback:0 comment:0 

いるかバンク登録者の声 ~みんなの宝物エピソード~ ③

今日もいっぱいニコニコ! にこまるだよ♪

いるかバンクのことをさらに調べてみたんだ。
去年1年間で活動してくれた人は8,554人(延べ人数)もいるんだって。
1日あたり平均23~24人の方がボランティア活動に出てくれてたんだ。すごいね!
たくさんの人の優しい気持ちや頑張りに支えられているんだなって、しみじみ思うよ。


今日は3つ目のエピソードを紹介するね。
「懐メロ」を通じた素敵なやりとりについて語ってくれたSさんのお話だよ。



★「買物付添い活動」でのひととき

本人の言葉は限られ、意思の疎通にちょっと苦労。お目当ての物を手にとりレジへ。
レジの女性は丁寧にお辞儀する。それが気に入って、その女性の名札を見て「××さん」と呼びながら、車椅子で周回。

お金はきっちり計算できる。少しお釣りがあり、十数円の駄菓子2個を握って再度お会計。
「どうしても××さんがいい」と同じレジへ。隣のレジが開いていたけれど…

スーパーの外に出た時、彼は満足した様子で「冬が来る前に♪」と口ずさんだので、
「も~一度あの人と♪」と応じた。
そしたら彼が「この曲知っているの~?」と。
私は「懐かしい、昔よく歌ったかな」と返した。(もしかしたら同世代の方?)
 
スーパーの外で車椅子を押しながら「め~ぐり逢~いたい♪」と、しばらくハモってからお別れ。
私の名札を見て、「ス〇〇さ~ん、ま~た~ね~♪」と一言。

(一句) 歳さぐる 懐メロハモリ 同世代

Sさん(60歳代)より



お歌が気になって調べてみたら、「冬が来る前に」って曲なんだね。にこまる、全然知らなかったよ。
同世代の方との出会いと楽しい時間。メロディと一緒に心も重なる瞬間。
これもボランティア活動の醍醐味だね!
どうもありがとう!

これからも、どんどんみんなの声をお届けするよ♪
みんなのことをもっともっと知りたいから、たくさん送ってね。楽しみにしてるよ~。


いるかバンク登録者からのボランティア・エピソード➀
いるかバンク登録者からのボランティア・エピソード➁
・にこまるツイッターは、こちら

Tag:ボランティア  Trackback:0 comment:0 

いるかバンク登録者の声 ~みんなの宝物エピソード~ ②

暑い日が続くね。にこまるだよ♪

にこまる、いるかバンクについてもっと知りたいなと思って、少し調べてみたんだ。
登録している人は全部で約700人。最年少が16歳で、最年長が82歳なんだって。
たくさんの年代の方がボランティア活動に関わってくれて、本当にうれしいな♪



昨日に続いて、いるかバンクに登録しているボランティアのみなさんから寄せられた
「ボランティア活動をしていてよかったこと」のエピソードを紹介するね。

2つ目は、畑を通じてつながり作りのボランティアに取り組んでいるNさんのエピソードだよ!



持病があり、なかなか働けませんが、社会での役割がほしい、働いていたときのように、人に必要とされる喜びをもう一度感じたいと思い、昨年の秋、畑のボランティアに参加させていただきました。
残念ながら、今は体調を崩していて、2回ほどしか行けていませんが、青空の下で身体を動かすことは気持ち良く、ボランティア先の皆さんや、南ボランティアセンターの職員さんとの交流も優しく温かいもので、ボランティアを始めて、人や社会との繋がりを感じています。
仕事をしなければ、人との繋がりを作れないと思っていたし、長い間、人の目を気にして、働けない自分を責めたりしていましたが、今の自分にできることや自分のペースで社会の中に居場所を作ることは出来るのかもしれないと思いました。
また、私達の収穫した野菜が、母子家庭の方々や、養護施設の子どもたちに届けられているとも伺って、直接顔は見えないけれど、自分の行動が誰かに届いているということも、人と人との繋がりを感じて嬉しく感じています。

体調やコロナのこともあり、いつボランティアを再開できるかまだわかりませんが、このような場を与えてくださった、南ボランティアセンターの皆様、ボランティア先の方々に感謝しています。皆様もコロナのニュースや長引く自粛で、不安になったり、心が落ち込んだりされるかもしれませんが、いつかまた笑い合える日が来ると信じて、一緒に乗り越えてゆきましょう。

Nさん(30歳代)より



ボランティア活動は新しいつながり作りの場にもなっているんだね。なんだか心が温まったよ♪
Nさんが言う「いつか笑い合える日」をみんなで迎えられるのを、にこまるは信じてるよ!

明日は、3つ目のエピソードを紹介するね。お楽しみに!



いるかバンク登録者からのボランティア・エピソード➀

Tag:ボランティア  Trackback:0 comment:0 

いるかバンク登録者の声 ~みんなの宝物エピソード~ ➀

やっほ~、にこまるだよ♪
みんな、元気にしてる?

5月に、いるかバンクに登録しているボランティアのみなさんから、
「ボランティア活動をしていてよかったこと」をテーマにエピソードを募集したんだ!

今回は、そのエピソードを1日1つずつ紹介していくよ。
まず1つ目は、大学生のⅠさんから、地域交流イベントのひとコマについてのお話!



これは、私が雨の日に観た、「笑顔の魔法」についてのお話です。
今日は、ある地区の公民館で「子どもまつり」が開かれてます。
私は屋外のミニゲーム「わなげ」コーナーの担当です。
「惜しい!」「上手いね!」「少し前に出ていいよ!」と子ども達に声をかけ続けました。
楽しい時間ですが、長時間な上、雨も降っていて気分が沈んできました。
そのとき、「もう一回やりたい!」と声がしたのです。
振り向くと、さっき遊びに来てくれた子が笑顔で立っていました。
その時、私の心に柔らかい日差しが…

ボランティアは
大学1年生の頃、先生から出された課題で始めただけ。
でも、今では…「いいよ!今度は少し高めに投げてみて!」
きっかけは何でもいい。
今、輪っかが、私の前を通り過ぎる。
あっ…また晴れた。 

Iさん(20歳代)より



子どもたちと楽しい時間を過ごす中で、ボランティア活動が好きになってくれたんだね。
どうもありがとう!
Ⅰさんと過ごした時間、子どもたちにとっても大切な宝物になったと思うよ♪


明日は、2つ目のエピソードを紹介するね。お楽しみに!

Tag:ボランティア  Trackback:0 comment:0 

ご自宅で「いきいき百歳体操」!

やっほー にこまるだよ

おうちで取り組める体操の紹介として、FMさがみでは毎日「いきいき百歳体操」の放送を行っているよ!
いきいき百歳体操は筋力の維持と向上を目的とした体操なんだよ♪詳しくはFMさがみホームページを見てね。
https://fm839.com/info/i000668

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

【橋本地区】ふれあい・いきいきサロンで、高齢者と小学生が交流!

やっほー、にこまるだよ。

先月のことだけど、橋本地区にある高齢者が集うふれあい・いきいきサロン「布で遊ぼう」で、市立旭小学校6年生の生徒さんによる交流イベントが行われたよ。

6年1組では、総合学習の時間に「よりよい町、橋本を目指して!」をテーマに学習を進め、「地域のコミュニティを豊かにしたい」と、小学校周辺のふれあい・いきいきサロンやコミュニティカフェ、橋本地区社協の活動拠点「ぬくもり」を見学して、学びを深めてきたんだ。
これまでの取組は、こちら
今日は、ふれあい・いきいきサロン「布で遊ぼう」で、生徒さんが企画したイベントを行ってくれるってことで、にこまるもやってきたよ!

生徒さんのあいさつやイベントに関する説明の後、8人くらいのグループに分かれて、トランプと折り紙を始めたよ。
初対面でも遊びながらだと、すぐに打ち解けられるね!
トランプは、七並べやババ抜き

DSCN1549_convert_20200316163432.jpg

「あがり!やったー!」、「く~、負けた~」、
「こんなに笑ったの久しぶり!」
って、大きな声が会場に響いていたよ。

折り紙では、生徒さんがこの日のために練習してきてくれたお花の折り方を教えてくれたよ。

DSCN1558_convert_20200316163458.jpg

「ここ、ちょっと難しいんですけど、こうするんです。」
「家に帰ったら忘れちゃいそう、もう一回教えて!」
と制作を楽しんだり、

手を動かしながら、
「授業でどんな勉強しているの?」
「総合の授業では・・・・」
「ま~、みんなすごくしっかりしていてびっくりしちゃうわ~!」
と、話に花が咲いていたよ。

楽しい時間はあっという間、最後に生徒さんたちが感想を聞いてくれてお開きに。
高齢者の皆さんから、
「みんな優しくて、しっかりしていて嬉しくなった。生徒さんがどんな大人になるか楽しみ。」
「孫とはなかなか会えないから、嬉しかった。」
「また、こういう交流があってほしい。」
と、感想が寄せられたよ。
未来の橋本を考える6年生の皆さんと、地域で力を尽くしてきた高齢者さんの交流は、お互いにとって楽しくて素敵な出会いだったね。
生徒さんたち、卒業しても地域での活躍に期待しているよ!  
にこまるも、応援しているからねー!

Tag:地区の活動  Trackback:0 comment:0 

「手ごたえのある生き方」を考える講演会!

やっほー、にこまるだよ。

突然だけど、みんな、「手ごたえのある生き方」って、どんな生き方だと思う?

「やっと見つけた!手ごたえのある生き方」という講演会が、市緑区合同庁舎で開催されたよ。主催は、橋本地区地域づくり部会。部会員さんたちが地域の福祉課題を話し合う中で、ボランティア活動をしている人や、ボランティアグループのリーダーさんたちが抱える悩みの解決になればと、今回の講座を企画したよ。
講師は、渡邊一雄先生。三菱電機に入社しアメリカに赴任した際にフィランスロピー(社会貢献)に出会い、退職後は、フィランスロピー論を大学で教えたり、「東大病院にこにこボランティア」を立ち上げたり、老人ホームの施設長をしたり、多方面で活躍されている方なんだ。なんと、社会人落語家としても活動してるよ。すごいねぇ!

2月の寒空の下、会場には、50人以上の方が集まってくれたよ。

DSCN1565_convert_20200304170450.jpg

先生がアメリカで社長をしていた時に出会った地元の人たちが自然にボランティア活動に取り組んでいる様子やびっくりエピソード、がむしゃらな企業人だった先生が人に感謝してもらうことに大きな喜びや生きがいを見出していったエピソード、東大病院にこにこボランティアの立ち上げ時に大変だったお話、手ごたえのある人生をつかむための心がけについて、ユーモアを交えながらじっくり聞かせてもらったよ。

最後には、落語も披露してくださり、皆で大笑い。

DSCN1569_convert_20200304170516.jpg

時間がたつのがあっという間だったよ!

参加された方からは、
「残りの人生を有意義に過ごすために大変参考になった」
「自分も人のために何かできるよう努力したい」
「入っているボランティアグループをやめようと昨日決心したけど、やっぱり続けることにしました」
などの感想が寄せられたよ。
講演をきっかけに、ボランティア活動で元気に活躍してくれる方が増えたらいいな!
渡邊先生、ありがとうございました!

Tag:地区の活動  Trackback:0 comment:0 

「よりよい町、橋本を目指して!」 旭小学校の総合学習の授業でお勉強!

やっほー、にこまるだよ。
今日は、緑区橋本の旭小学校にやって来たよ。5時間目の授業にお邪魔するんだ。

DSC_0410_convert_20200122150328.jpg

6年1組では、総合学習の授業で「よりよい町、橋本を目指して!」をテーマに取組を進めているよ。
1組のみんなが話し合う中で「地域のつながりが弱くなっているのではないか?」と疑問が生まれ、これまで自治会について学んだり、橋本地区社協の交流拠点「ふれあいの家 ぬくもり」を訪問したり、地域で開催されている「ふれあい・いきいきサロン」、「子育てサロン」や「コミュニティカフェ」に参加して、参加者とお話ししたり、ボランティアさんに活動を始めたきっかけやよかったことなどを聞いて、考えを深めてきたよ。
そして、「豊かなコミュニティを目指して、自分たちにできることをやってみたい!」ということになり、今日はやってみたいことをプレゼンしてくれるんだ。にこまる、楽しみでドッキドキ!

生徒さんが、「高齢者チーム」と「子どもチーム」に分かれてみんなでプレゼン
高齢者チームからは、
「サロンやコミュニティカフェに実際に参加して、もっと多くの人に知ってもらい、参加してほしいと思った。」
「サロンのチラシを手作りして高齢者に駅で配りたい」
「今度は見学だけではなく、サロンに来る参加者のために自分たちが折り紙を教えてあげたり、一緒にトランプをして楽しい時間を過ごしてほしい!」
などなど、素晴らしい意見が出たよ!

DSC_0407_convert_20200122150401.jpg

子どもチームからは、
「多くの人に子育てサロンを知ってもらうのが課題」
「子育てサロンのチラシを手作りして、ベビーカーを押している人に配ったり、公民館に置かせてもらったりしてたくさんの人にサロンに来てほしい」
「サロンで子どもたちに絵本の読み聞かせをしてあげたり、お絵かきできるスペースを作って一緒に遊んであげたい!」
「サロンに来てくれた親子にはアンパンマンのメダルをプレゼントしたい。」
などなど、こちらも素晴らしい意見!
にこまる、目だまが飛び出そうだったよ!

DSC_0409_convert_20200122150449.jpg

生徒さんたちが気づいてくれたとおり、サロンやコミュニティカフェなど、地域の人たちにもっともっと知ってほしいよね!大きな課題に一緒に取り組んでくれるなんて、心強いよ!
プレゼンの後は質問、意見交換タイム。チラシ配りの効果的な方法や、参加者に楽しんでもらうためのプログラムの工夫、スケジュールについて具体的に意見を出していったよ。
その後は、2チームに分かれて企画内容を整理して、今日の授業は終了

_convert_20200122155906.jpg

DSC_0403_convert_20200122155958.jpg

どんなことが実現できるか、楽しみだね!
6年生がこうして地域の課題に取り組んでくれるって、とっても素敵だね。地域でたくさんの人に出会って「みんないいひと」を実感してくれたら、にこまる、うれしいな~。
2月の企画の実現に向けて、全力でお手伝いするからね!

Tag:地区の活動  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

にこまる

Author:にこまる
相模原市社会福祉協議会マスコットキャラクター「にこまる」だよ。
にこまるが住んでる「みんないいひとの国」は、ひとりひとりがみんな国王なんだ。にこまるは「いいひと」を見つけて王冠をかぶせてあげることが大好き。「いいひと」にいっぱい会いたいなぁ♪
好きな食べ物はバームクーヘンとおむすびだよぉ。

ブログの更新情報はtwitterでも紹介してくれているよ♪

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR