FC2ブログ

みんないいひと体験講座講師研修会へ行ってきたよ♪

やほ~♪にこまるだよ!
暖かくなってきたけど、まだまだ寒いね!
桜が咲くのが待ち遠しいな~

にこまるは、3月15日(水)に行われた、「みんないいひと体験講座」の講師研修会に参加してきたよ。

写真①
「みんないいひと体験講座」は市内小・中高等学校等からの依頼で、障がいや高齢者の理解、福祉やボランティア活動への関心を高めることを目的に行っていて、講師には障がいのある方やボランティア活動をしている方に協力していただいているよ。
講師の皆さん、いつもありがとうございます!

研修会ではより効果的、効率的な体験講座を行うために、子どもへ話す時のコツを伝えたり、講師同士の交流の場になっているんだよ。

最初に、学校教育課の職員の方のお話し!

写真②
まずは、子どもたちのことを知ろう!!
ということで、子どもたちがつまらないと思う授業についてお話があったよ!
板書の量が多かったり、先生が一方的に話していたり、盛り上げるための一方的なジョークなどがつまらない授業とされていて、
トーク・チョーク・ジョークは授業の三重苦と言われているんだって!

また、「耳で聞くだけでは5%しか頭に残らない。体験しても75%。90%以上頭に残るには、誰かに教えることが大切。」ということを教えてもらったよ。

講師の方の中には、「家に帰ってから、お父さん、お母さんにお話ししてね。と、子どもたちに声をかけてます」という方もいたよ!
講座ごとに色々工夫があるんだね。

あとは、講話の中での声のかけ方のお話!
小学生にクイズを出すと、分かった子たちが大きな声で答えを言ってしまうことがあるんだって。
そうすると、他の子たちが楽しめないから、「答えを知っている人は、声に出さないようにしてね」「心の中で考えてみてね」と声をかけると、みんなが楽しめるクイズになることを教えてくれたよ。
あとは、なかなか答えが出ない時には、「周りの人と話してみてね」と声をかけたり、「同じような考えの人はいますか?」など、子どもたちにあった声かけが大切だということを学んだよ!!

お話を聞いた後は、皆さんで情報交換!!

講座のやりがいや、困っていることなど、時間が足りないくらいたくさんのお話がでたよ!

街を歩いていると、一緒に講座をした子どもたちが話しかけてくれたり、
時には、先生からも声をかけてくれることが嬉しい!というお話もあったよ!

講座が終わっても、交流が続いてくれたらにこまるも嬉しいな~

平成28年度は、市内66の小中学校と1校の高等学校へ「みんないいひと体験講座」を実施したよ!!
来年度は、もっともっとたくさんの学校へ行ってみたいな(^-^)

写真③


Tag:福祉教育  Trackback:0 comment:0 

城山地区社協 「しろやまふれあい農園」に参加してきたよ!!

にこまるだよ!
DSC02821.jpg
3月23日(木)は、菜の花と花桃が咲く「小松・城北」の里山にある「しろやまふれあい農園」へ行ってきたよ!
曇り空で少し寒い中、野菜づくりのベテランさんなど大勢の地域の方が集まってくれたんだ。
この農園は、福祉コミュニティ形成事業の取り組みで分かった、孤立しがちな人が多いという課題に対応するために考えられた、みんなが集まれる居場所なんだ。

DSC02850.jpg
にこまるは、クワの使い方や土の耕しなど初体験。耕した畑はとってもフワフワとして気持ちよかった~。

DSC02838.jpg
そして、じゃがいもは半分に切って灰を付けてからの植え付け。そしてニンジン、ほうれん草などの種まきをしてきたよ。
昨年植えた、菜の花がいっぱいの中、気持ちが安らぎながらもしっかり収穫もできて食べるのも楽しみ。

DSC02873.jpg
城山地区社協では、さらに交流の場を検討した結果、「しろやまふれあい農園」の野菜を活かした、軽食やコーヒーが飲める交流の場(仮称)「愛(あい)・城(じょう)ものがたり」を6月からスタートする予定なんだって。その時はまた、みんなで集まろうね。

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

市地区社協南区連絡会 ~『福祉コミュニティ形成事業』の輪をひろげよう~

はっくしょん!!みんな花粉は大丈夫??
にこまるだよ~

1
2月23日(木)南保健福祉センター2階集団指導室で、市地区社協南区連絡会研修会が開催されたよ。
南区7つの地区社協の皆さん21人が集まり、各地区の『福祉コミュニティ形成事業』の取り組みの紹介と共通の課題について情報交換を行ったよ!

南区では、各地区の地域課題に応じて『地域の居場所、交流の場づくり』『地区ボランティアセンター』『見守り活動』の取り組みが行われているんだよ。

2
写真で地域の皆さんがいきいきと活動されてる様子が紹介されたり…

3
事業の立ち上げに取り組んでいる地区では、仕組み作りの経過が報告されたり…

4
パワーポイントで各地区の代表からの発表があったよ(^◇^)

5
自分の地区以外の取り組みを知る機会は少なく、参加者の皆さん、他地区の取り組みに興味津々。「参加者募集の工夫は?」「担い手の育成方法は?」などなど、質問は尽きなかったよ。

市地区社協南区連絡会活動紹介の後、3グループに分かれ、意見交換。
活動の担い手の育成やコーディネートの工夫について熱心に情報交換が行われたよ。

地域活動は担い手も参加者もみんな地域住民。楽しい時を共有し、助け合いの中でやりがいを見出すために、地区社協の皆さんは真剣に取り組んでいて、住民同士の声掛け、気づきが支援につながっていることがわかったよ♡
最後にファシリテーターの田園調布大学名誉教授 小野敏明さんから、他市の先駆的な地域活動の事例が紹介され、各地区での課題への取り組みのヒントになったよ(^^)/

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

プータンの仲間大集合♪ めざせ、まんぷくの笑顔!

プータン招待事業に来ているよ!

1_201703211816288eb.jpg
いつもと違うレイアウトの店内、大人がたくさん集まっているね~☺
今回集まってくれたみなさんは、“食を通じて子どもに支援をしている人たち”なんだ。

遡ること数か月、プータンの江幡さんから「いつもは施設の子どもたちや障がいのある方を呼んでいるけれど、自分みたいに支援をしている人の話も聞いてみたいな」とお話があったんだ。
ふむふむなるほど!
にこまるも、江幡さんみたいな“いいひと”にもっと会ってみたいな!
そこからまた新しい輪が広がったらすてきだよね。

そんなきっかけで、今回のプータンはスペシャルな回になったんだ♪

当日、2月19日の日曜日。

2_201703211816300db.jpg
集まってくれたのは、子ども食堂pecoさん、おださがこどもネットさん、なごみこども食堂さん、けやきこども食堂さん、こども福祉ラーメン(通常サイズのラーメンを中学生以下の子どもには200円で提供!)の「麺屋 鼎(かなえ)」さん、フードバンクwishの西村さん、そして野菜プロジェクトの北原さん。
おいしいお料理を食べながら、それぞれの活動についてお話してもらったよ。

「子どもの貧困のニュースに衝撃を受けて活動を始めました」
「お腹を空かせている近所の子どもに“ご飯くらいならうちで出せるよ”と声をかけるような気持ちでやっています」
みなさん活動はさまざまだけど、「子どもたちにお腹いっぱいになってほしい」という気持ちは一緒だね!

今回は奇跡みたいなタイミングでいろんなお話がつながって、
インターネットテレビの「テレビさがみはら」からも取材が来てくれたよ。

相模原のいいところを広めるために立ち上がったこの番組。
ちょうど子育て支援の特集をしていたところに、今回の招待事業の話を聞いて駆けつけてくれたんだ。
参加者のみなさんの活動も興味深く聞いてくださって、これは今後にコラボができる予感!?
ぜひ相模原の“いいひと”をいっぱい発信して欲しいよね!(/・ω・)/

それぞれの熱い思いが聞けて、にこまる嬉しかったあ~!
どんな子どもでも、いつでもお腹いっぱいで笑っていられるようにしたいよね。
にこまるも何かお手伝いできたらいいなあ~(#^^#)

Tag:ボランティア  Trackback:0 comment:0 

読み書きが苦手な人を支援する講座開催!

にこまるだよ。
みんなは花粉、大丈夫?

①
にこまるは、3月4日(土)開催の「読み書きに困難のある人の支援講座~発達性ディスレクシアの理解~」に参加してきたよ。
みんなは「ディスレクシア」って知ってる?
目が悪いわけでもないし、知的に問題があるわけではないのに文字が歪んで見えたり、書くことが難しい症状のことを言うんだよ。学校や社会でも読み書きはどこでもあるから大変だよね。

②
講師をお願いしたのは、「特定非営利活動法人発達サポートネット バオバブの樹」(茅ヶ崎市)で「ことばと読み書き すーふ」を主宰されている言語聴覚士の沖村可奈子さん。そして、「すーふ」に通う発達性ディスレクシアと診断されたご本人たちだよ。

③
お話の内容は、読み書きの困難さやそれを克服するための工夫、配慮が必要なことなどを具体的なエピソードを含めてお話してもらったので、とってもわかりやすかったよ。漢字はいろんな読み方があったり、形が複雑なので読むのが大変なんだって。
にこまるの名前はひらがなでよかった~。みんなによんでもらえるね。

参加者からの質問では「ディスレクシアの診断はどこでできるのですか」などがあって、沖村さんからは「ディスレクシアの診断をできるところはまだまだ少ない。診断があるなしに関わらず、読み書きの苦手な部分に着目して本人の意見を聴きながら、周囲が工夫や理解をしていくことが大事。」などのお答えがあったよ。

参加者のアンケートでは、「生の声を聴けたのでよかった。」「もっと広い会場でやってほしい。」などの意見をいただいたので、これからもにこまる、どんな方法があるのか一生懸命考えていくよ。

一人でも理解してくれる人が増えるといいな。

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

花水木✿グラウンドゴルフに行ってきたよ~☆

いいお天気だね!
まだまだ寒いけどにこまるはグラウンドゴルフにチャレンジ!

1_20170307141213528.jpg
教えてくれたのは横山地区にある日金沢丘自治会のグループ“花水木”の皆さん☆


グラウンドゴルフは準備が簡単!ホールポストと呼ばれるゴールを立ててコースを作るよ。
シンプルな直線コースや50mの長距離、山道、砂利道などコースは全部で8つ!
専用のクラブ、ホールポストを使用してゴルフのようにホールポストにホールインするまでの打数を競うんだ。
点数も自分たちで記録するから頭の体操にもなるんだって!
人数制限もないので、だれでも気軽に楽しめるスポーツなんだ♪

花水木の皆さんは近隣の広場を借りて、週2日プレーしているんだ!

2_20170307141214ed3.jpg
ルールはシンプルだけど、力加減やクラブの当て方、ちょっとしたことでボールの飛び方が違うから、やってみるとなかなか難しい・・・!
4~5人でチームになってコースを周るんだけど、ホールインワンも続出だったよ!!すごいな~。
経験年数にかかわらず、誰でも楽しめちゃうのが魅力なんだって☆

休憩タイムには座ってお茶を飲みながらわいわいお話し♪
ほっと一息できる大事な時間だね♪

花水木の皆さんは活動を始めて4~5年になるんだって!
他の地区でグランドゴルフをしているのを知って、自分たちもやってみたい!と思ったのがきっかけで、最初は4~5人だったのも、仲間が広がってこの日は15人の方が参加されていたよ。

最初は公民館で道具を借りて週1回活動していたんだけど、もっと頻度を増やしたい!と自分たちでホールポストや旗などの道具を手作りしてやっていたんだって!

3_20170307141210603.jpg
手作りのホールポストとにこまる♪
今では、自治会からのバックアップがあって、道具と場所を提供してもらって活動が続いているんだって!

みんなで集まって体を動かしたり、おしゃべりをしたり、たくさん笑ったり、これが健康でいられる秘訣なんだなって思ったよ^^
身近に集まって楽しめる場所があるって素敵だね♪

4_20170307141211760.jpg
皆さんと一緒に☆
地域で展開されるいろんな活動!にこまるももっと見に行きたいな^^

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

地域のために大活躍!! 敬老事業感謝状贈呈式

こんにちは! にこまるだよ☆
今日はとっても華やかな会場に来ているよ!

1_20170307135600a3c.jpg
大野中地区敬老事業の初の試みとして、長年にわたって地域活動に貢献された方を対象に、2月13日(月)に感謝状の贈呈式を行ったんだ。

2_2017030713560167f.jpg
受賞されたのは4名の方々☆☆☆☆
正面左から、大久保正美さん、川戸敬三さん、七村実利さん、細谷永久さん♡
鵜野森長寿会代表の大久保さんは、遊歩道や広場の清掃活動や、福祉施設への訪問活動を続けてきたんだよ。街も、人の心もピカピカにしてくれてありがとうございます♡

川戸さんはなんと御年92歳!

3_2017030713555509f.jpg
大野中地区のボランティアの象徴のような方で、約50年(!)にわたり地域で活動を続けているんだよ。今でも福祉施設やふれあいサロンで活動し、“困っている人はいないかな~”と、街中を自転車で動き回っているんだって。「川戸さんみたいになりたいっ!」って思うたくさんの後輩たちに、ボランティアの心を伝え続けてくれているんだね♡

七村さんは、みんなの憩いの場である大野台中央公園周辺の落ち葉の清掃活動を自発的に行い地域の美化に貢献♡
細谷さんは、車がいっぱい通る横断歩道に立って、子どもたちが安全に登下校できるように見守りと声掛けを行ったんだ♡
「あたりまえのことを続けているだけなんですよ」っていう言葉が印象的だったな。
皆さん凄い~!!

4_20170307135557e83.jpg
ドンドンパンパンドンパンパ~ン~♬
んっ?この掛け声は…
いるかバンクのパフォーマンスボランティア・青森県南部会の井上さん、土田さんによる津軽三味線と民謡でお祝いだ! 全員で手拍子揃え~♪掛け声合わせ~♪

5_201703071355584f4.jpg
そうそう、実は会場設営は地元企業「サン・ライフ」の皆さんがボランティアでやってくれたんだよ!! 紅白幕を丁寧に張って、看板を地域の皆さんと協力して設置。

地域で活躍している方は、まだまだたくさんいるはずだよね。たくさんの出会いが待ってるんだろうなぁ…♡
にこまる、これからも、「いいひと」を紹介していくからね~!

Tag:その他  Trackback:0 comment:0 

子育ての中にぜひ絵本を! JULA出版局のプータンがやってきた♪

にこまるだよー

1
2月20日に開催した、大野中地区社協の「子育て支援団体交流会」に来ているよ。
地域の子育て支援団体、NPO、小学校読み聞かせサークル、子育て中のお母さんが集まって交流会を開催したんだ☆
今回はスペシャルゲストとして
JULA出版局の大村さんと北尾さんが来てくれたんだよ。

2
みてみて♬ 世界中の絵本が大集合!!

JULA出版局のお二人がなぜ来てくれたかというと…
昨年度行われたプータン招待事業クリスマス企画に協力してくれたことがきっかけになったんだ。
「今度は子どものために活動する大人たちに伝えられることはないかな…」と一緒に考えて、「子育ての中にぜひ絵本を」というテーマでの講演が実現したってわけ☆

3
絵本の起源や歴史のお勉強から始まって、よい絵本を選ぶコツも教えてもらっちゃった♡

誰にとっても子育ての中で考えること。
たとえば…

食べ物の好き嫌いをなくしたい
あいさつができるようになってほしい
ぐっすり眠ってほしい
兄弟姉妹同士のけんかや、やきもち

そんなときに参考になることが世界中の絵本に描かれているんだよ。
国や時代が違っても、絵本の中にはヒントがいっぱい!!
大村さんの優しく、そして熱のこもったお話に会場のみんなが、うんうんとうなずいて聞いていたよ。

参加者の感想をほんのちょとだけ紹介するね♪
「絵本を通して子どもと世界観を共有する体験の素晴らしさや、その結果として子育てが楽になるという内容に心うたれました。地域の子育てに悩むママたちに今日のお話を伝えていきたいです」
「親と子は初めから無条件の絆で結ばれているのではなく、絆は関わることで作られていくものである。というお話にはっとさせられました。スマホやテレビに子育てを任すのではなく、しっかりと子どもと向き合いたいです」
「子どもたちを支えてくださる方がこれだけ周りにいてくださることを幸せに感じます。これからもよろしくお願いいたします」

4
交流会終了後も、絵本を囲んで大盛り上がり。
「私が小さいころ読んでもらった本だ!」
「もう孫がたくさんいるけど、今日のお話を活かして、もう一度子育てしてみたいなぁ…」
なんていう声が聞こえてきたよ。

5
JULA出版局のプータンと記念撮影☆
こぶたのプータンシリーズは多くの人に愛されている絵本なんだよ。
大村さん、北尾さん、ありがとうございました!!
次はどんなことができるかな…♡♡

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

横山地区☆ボランティア絆の研修会に行ってきたよ☆

やっほ~、にこまるだよ。
横山地区のボランティアグループ、「ボランティア絆」の皆さんの研修会に行ってきたよ☆

ボランティア絆は地区内の民生委員・児童委員さんを中心に活動が始まって、民生委員・児童委員OB、OGや協力者の皆さんで結成されているんだ。
日頃から、いきいきサロンへの参加支援、高齢者の皆さんが地域に関われるように隣近所での仲間づくりのお手伝や、災害時の安否確認の支援や地区内のサロンを中心にした避難訓練の支援等、この他にもまさに地域での絆づくりをお手伝いしているんだ!

協力者の輪がどんどん広がって、なんと!登録者は98名!
中には“青年ボランティア”も30名登録があるんだよ☆
青年ボランティアは地区社協で行っている小学6年生を対象とした救命講習会などを受けて育った皆さんが高校生や大学生、社会人になって、今度は担い手として協力して、地域のイベントや地区社協事業でも大活躍してくれるとっても心強い存在なんだ♪

☆1 IMG_8956
2月4日の研修会では、今年度から始まった「日常生活支援総合事業(総合事業)」について学ぼう!ということで市社協の生活支援コーディネーターと横山高齢者支援センターの職員さんのお話しを聞いたよ。

☆2 IMG_8972
介護保険法が改正されて、改めて地域の皆さんが主体となって行う“地域づくり”が謳われているけれど、日々の皆さんの活動こそが見守りし合える地域のつながりづくりになっていることや、健康でいられる秘訣なんだよね。

高齢者支援センターからは、実際に、“ボランティア絆”の皆さんに関わってもらった認知症高齢者の事例の紹介もあったよ。
地域とのつながりがなかったその方も、絆の皆さんが、訪問を通して、サロンに誘ってくださったり、地域で見かけると声をかけてくださったおかげで、サロンに行けるようになったり、地域の活動につながっていったんだって。
身近な地域で支えてくれる皆さんがいるからこそ、孤立せずに仲間づくりができたり、日ごろからの見守りができるんだよね。

横山地区では、“ボランティア絆”を始め、各ボランティアグループの活動や、青年ボランティアの存在などなど、魅力がたくさん^^
地域の特徴や魅力を生かした地域づくりのお手伝いができるように、にこまるも応援するね~!

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

にこまる

Author:にこまる
相模原市社会福祉協議会マスコットキャラクター「にこまる」だよ。
にこまるが住んでる「みんないいひとの国」は、ひとりひとりがみんな国王なんだ。にこまるは「いいひと」を見つけて王冠をかぶせてあげることが大好き。「いいひと」にいっぱい会いたいなぁ♪
好きな食べ物はバームクーヘンとおむすびだよぉ。

ブログの更新情報はtwitterでも紹介してくれているよ♪

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR