誘導体験で人に優しいまちづくり

やっほ~にこまるだよ。

2月14日(水)は大野中地区社協の障がい者福祉部会の研修会に参加してきたよ。

視覚障がいのある人が駅のホームから転落してしまう事故のニュースを聞くことがあるよね。
大野中地区社会福祉協議会では、視覚に障害がいがある人のために、今回の研修会を企画したんだって!

CIMG3267.jpg
はじめに、視覚障がいのある人から普段の生活の様子を聞いたよ。
講師は福島美栄子さん。
「盲導犬や白杖、点字ブロック、音のなる信号機があっても、一番安心できるのは側にいてくれる人ですね」とお話しされていたよ。
また、視覚障がいのある人の生活を支えるためのボランティアについても学んだんだ。
点字、文字をCDなどに記録する録音、文字を大きくする拡大、移動するときの誘導、そして手芸、料理、スポーツなどボランティアが活躍している場面はたくさんあるんだね!
ただ、最近ボランティア養成講座を開催しても参加者が少ないらしくて、もっとたくさんの人に関心をもってもらいたいなとお話しされたよ。

CIMG3274.jpg
お話を聞いた後はDVDで誘導するときのポイントを学習。
事例をもとにしているからわかりやすかったよ!

CIMG3291.jpg
DVDで誘導方法を学んだあとは、相模原誘導グループささの会さんに協力してもらい、実際に体験してみたよ。
二人一組でペアになって一人は目を閉じてアイマスク、もう一人は誘導役だよ。
誘導は信頼関係が不可欠!
「右に曲がります」といった声掛けも大切だね。

CIMG3297.jpg
最後は誘導者が離れて、アイマスクをしたまま一人だけで立ってみたんだ。
たった1分でもすごく長い時間に感じる人が多くて「心細かった」という感想が多かったよ。
だからこそ、お手伝いする人が大切だし、体験したからこそできる配慮もあるよね。

SOSマーク
ちなみに、このマークはみんな知っている?
これは視覚障がいのある人が白杖を50cm程度に掲げてSOSを発信する「白杖SOSシグナル」だよ。
白杖によるシグナルを見かけたら、進んで声をかけて困っていることなどを聞いて、お手伝いしてみてね。
この研修を生かしてもらえると、にこまるも嬉しいな!

Tag:地区社協  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

にこまる

Author:にこまる
相模原市社会福祉協議会マスコットキャラクター「にこまる」だよ。
にこまるが住んでる「みんないいひとの国」は、ひとりひとりがみんな国王なんだ。にこまるは「いいひと」を見つけて王冠をかぶせてあげることが大好き。「いいひと」にいっぱい会いたいなぁ♪
好きな食べ物はバームクーヘンとおむすびだよぉ。

ブログの更新情報はtwitterでも紹介してくれているよ♪

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR